画像の説明文

薬も煙も電気ショックも使いません! イヤな虫が吸い込まれしばらくすると勝手に

息絶えてしまう【カトリンゴ】は、全く新しい発想の次世代蚊とりマシン(殺虫機器)なのです!

【で、本当に取れるの?】

もちろん実験しましたよ!

防水ではないので雨の当たらない軒下に置いて3日間放置。

なんとっ!そ、そのの結果は…

本体カゴの許容量を超える勢いで、いろんな虫が満タンです! w( ̄△ ̄;)wナンジャコリャ!!

その様子ですが、

取れすぎて虫が溢れてしまったので、こうなると少し掃除が必要との事でした。

屋外だと蚊だけではなく、蛾やこの時期にこの地方で多く発生するらしいウグイ虫と言うバッタの

ような昆虫も取れてしまったようです。 本体にもたくさん張り付いて 吸い込まれる順番待ちが

発生。 虫たちに大人気の【カトリンゴ】(笑) 吸い込まれる様子をじっと見ているだけでも

とても面白かった



大きな虫は内部のファンで即死、蚊の場合はファンを通り抜けたとしても時間が経つとその

風圧でほとんどが息絶えているそうです。 捕まると風邪と逆止弁で逃げられない構造です。

「キャッ~!こんなに取れたら逆に恐い~」と 引いてしまった女性の方!(笑) これはあくまで

田舎の屋外での実験結果ですからご安心下さいネ! 室内使用の場合はお部屋の中に

入った蚊やハエ、食べ物に湧いた小さな蛾やコバエなどが主流

【どんな虫が取れるの?】

基本的に紫外線に集まる習性を持った、ほとんどの虫を捕獲してしまいます。

蛍光灯に集まるタイプの虫と言うとわかり安いですね。

蚊、ハエ、蛾、バッタ、トンボ、などなど羽が生えた虫のほとんどではないでしょうか?

【どうして安全?】

省電力の紫外線ランプ(日焼けする事はありません)を採用し、また小型ファンの風でほとんど

熱がでず指が触れても熱くありません。

【こんな場所で威力を発揮!】

玄関などの入口にも → 進入した蚊はできるだけ入口で捕まえてしまいたいモノです。

寝室 → 音も静かな【カトリンゴ】寝ている間に刺される心配も大幅に減ります。

子供部屋 → 刺されると凄く腫れてしまう子供さんに是非。 【カトリンゴ】を常時ONに!

飲食店 → 特にハエが集まり安くそれなのに殺虫剤が使えない。営業中は捕獲する手段が無い。

オフィス → 線香や気化式の殺虫剤など使うタイミングも難しくて対策しづらいのがオフィスですね。

【ところで最近の蚊取りグッズ、ホントに効きますか?】

※ここからは個人の見解で間違っている可能性もありますが…。共感頂けると幸いです。

蚊取り線香

煙で蚊が落ちるのをよく見た事があります。 かとり線香は確かによく効きます。

ですが、タバコ以上に煙が出るしホントに害は無いんでしょうか? 使うと白い壁紙はあっという間に

黄ばんでしまいますから昨今の住宅事情にはもう合っていない商品なのかもしれませんネ。

蚊取りマット

=コレも蚊が落ちるのを見た事があります。蚊取り線香の次に強力なのではないでしょうか?

昔から現役ですが、最近使う家庭が少なくなった気がします。

液体蚊取り=マット交換不要で長期使用の便利さで普及していますが、これがどうも怪しい気がします。

少し弱って動きが鈍くなるような気配はありますが、コレで蚊が落ちる瞬間を目撃した人は少ないのでは?

本当に殺虫効果はあるんでしょうか? 普通に跳んでいる事もしばしば見かけてるような…。(^^;)

蚊取マットに変わる商品のハズが、威力はもっと低い気がしています。 そうは思いませんか?

ワンプッシュ蚊取り

1回噴霧するだけで、エアロゾルとなった殺虫成分が部屋の上空で漂ってすぐに

落ちてこない為、一日効果が持続すると言う訳ですが、噴霧した夜も普通に刺された経験があります。

登場した時は画期的な発明だ!もうマットの液もいらないと絶賛したのですが、実感として効いてると

思った事が無いのは私だけでしょうか? そもそも暑い時期になのに、薬液を上空で停滞させる為

扇風機もクーラーも使えないと言う事なのでは? 窓を開けるのは完全にNGのようです。

虫よけ商品

最近みんな吊るしてますよね(笑) 玄関、ベランダ、ドアノブにも!

あのオバちゃんのCMは大好きなんですが(笑) これほど普及していて誰も効果が実感できない

商品は珍しいですね。 ネットの評判も酷いようですが、実際使っている人に 是非効いてみて下さい。

必ず「よくわからない」の言葉が帰ってくるハズです。 

ベランダに吊るしても網戸に蚊がへばり付いているのは何故なのでしょう?

店舗やご自宅で、紫外線で集めて吸い取る全く新しい蚊取り器!次世代蚊取り器【カトリンゴ】 蚊取線香