【テレビや雑誌でも話題!】光で起こす 目覚まし時計 intiSQUARE(インティ スクエア)
今テレビや雑誌などのメディアで、睡眠・快眠グッズがとても注目されています。
それも日本人の5人に1人が不眠で悩んでいるといわれるからでしょう。

スッキリ起きられる、グッスリ眠れるという人体のメカニズムには
「光」が大きくかかわっています。
そのメカニズムにアプローチした商品が「光目覚まし時計」です。

「めざましテレビ」や「スッキリ!!」、「この差ってなんですか?」など
メジャーなテレビ番組や
「日経トレンディー」「GetNavi」などのメジャーなモノ雑誌など700媒体以上で紹介され
非常に注目されている「光目覚まし時計」です。

まずは、intiの光で起きるというよりは
これまで使われていた目覚まし時計で起きられ
起きた後に目から光を5分から30分浴びてください。

これで体内リズムをリセットし
目覚めやすくしていきます。

「光で起きる」ではなく「起きたら光を浴びる」

と、いうのを習慣にしてください。

【毎日を元気にするための睡眠講座を明日から開始します】

光で起きるという概念は、新しいものです。
上手に使って頂き、%family_name%様の生活をよりよいものにしていただくために
本日から3か月間、快眠・快起に役立つ
「睡眠講座」をこちらのメールにて行ってまいります。
intiを最大限ご活用して頂くための情報です。

【睡眠障害をたった1日で克服した睡眠改善のプロ講師紹介】

はじめまして、ムーンムーン株式会社の代表取締役であり
睡眠改善インストラクターの竹田です。
私は幼少の頃より睡眠障害を患っており
夜は眠れず朝は起きることが出来ないという
本当に辛い少年時代を過ごしました。

それは社会人になってからも続き
睡眠に悩まされる日々を過ごしました。

そんなとき、欧米では一般的な「光で起きる」という概念に出会い
世界中にある光目覚ましを取り寄せて試しました。

その結果、苦でしかなかった朝の目覚めでしたが
翌日にはスッキリと目覚めることができました。
(私は光の感受性が高いようです。)
さらに夜は自然と眠くなり、グッスリ眠れるという
快眠生活を手にいれることができたのです。

8歳から28歳まで20年間に渡り、睡眠障害で悩まされた毎日が
たった1日で理想の生活スタイルに変わりました。

私のように毎日の睡眠で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
その苦しみや辛さも、身を持って経験してきた私は知っています。

光で起きるという概念は日本ではあまり知られていません。
%family_name%様に光で起きる気持ち良さを体験していただきたい。
眠ること、起きることは心地よく、生活の質や幸福感を高める
ことができる事を知っていただきたいのです。

『毎朝の目覚めが楽しみになった』という方もいらっしゃいます。

私は睡眠について20年以上悩み、勉強してきました。
現在、睡眠について悩まれている方々に
様々なアドバイスをしています。
必ずあなたの手助けになれると自負しております。