画像の説明文

TBS「この差ってなんですか?」で疲れを取れやすくするためには
いびきを防止する横向き寝がいいと話題になり
在庫がなくなる程売れています。

十分睡眠をとっているのに朝起きた時「疲れがとれている人」と「疲れがとれていない人」の差
専門家:梶本修身(大阪市立大学 教授)
この差は…寝る時の体勢

1番疲れがとれる体勢は「横向き」です。
良く寝ても疲れが取れない1番の原因は「イビキ」です。寝ている時に首の「脂肪や筋肉」がゆるんでしまい、気道が狭くなって、「イビキ」をかいてしまいます。
しかし、「横向き」で寝ると、気道が狭くならないために「イビキ」をかきづらくなるのです。

1番疲れがとれない体勢は「仰向け」です。「イビキ」をかくときに肺にとても負担がかかってしまい、風船を何千回も膨らませているのと同じくらい体力を使ってしまうからです。

寝返りをうたないようにするには、「ウエストポーチ」にテニスボールを入れて「横向き」でねるのがいいのです。

横向きでも、「体の右側」を下にして寝るのがおすすめです。
「胃」の出口は右側にあるため、消化を助け、身体への負担を軽減することができるからです。