公式サイトですと英語で申請で難しくわかりずらい所を、当サイトでは日本語で簡単にESTA申請ができる、ESTA申請代行業者

正式名称、電子渡航認証システム(ElectronicSystemforTravelAuthorization:エスタ)と言い、米国国土安全保障省により2009年1月12日からビザを取得せずにアメリカ(米国)入国する全ての外国人に対してESTA(エスタ)の事前申請(日本語可)が義務化され、日本もビザ免除対象国に該当します。

アメリカ(ハワイ)入国の目的が短期商用・観光等、滞在希望日数が90日以内の場合(乗り継ぎを含む)、米国大使館でのビザ取得は免除されますが、渡航前にインターネットでESTA申請を行い渡航認証を受ける必要があり、この渡航認証システムがESTA(エスタ)です。

(事前にビザを取得して渡航する方はESTA申請は不要です。)ESTA(エスタ)は、旅行の許容のための事前委任です。アメリカ(ハワイ)入国する72時間前には、ESTA申請を推奨しています。

※ご出発の3日前(72時間前)までに登録申請をしてください※

ESTA申請(エスタ)電子渡航認証システムとは

ESTAとは、ビザ(査証)取得を免除して、短期商用・観光目的で米国への渡航許可を得る為の電子認証です。

既に有効なビザをお持ちの方はESTA認証手続きはご不要となります。

通常、米国渡航者はビザ取得・保持が必要となりますが、日本を含むビザ免除プログラム(VWP)参加国ついては、渡航目的や滞在期間など、幾つかの要件に当て嵌まる場合、ビザ取得手続きが免除され、比較的簡易なESTA認証を得る事で、米国へのご渡航が可能になります。

複雑な申請を完全サポート!

ESTA(エスタ)の登録審査は最長で72時間を要する場合がございますので、お早めに申請いただく事をお勧めします。

アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト(CBP)ではお問い合わせは英語のみの対応となりますが、当サイトでは日本語にてメールお問い合わせいただけます。

サービズ概要

ESTAを取得すれば、観光、ビジネス等、 90日以内の短期滞在目的で米国を訪問する場合、査証(ビザ)が免除されており、米国の査証を取得する必要はありません。

しかし、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従ってESTA申請を行い、
エスタの認証を受けていないと、米国行きの航空機等への搭乗や米国入国が拒否されます。

米国において乗り継ぎ(トランジット)するケースも、 事前にESTAを受けるべきケースに含まれます。

カナダとアメリカを周遊するケースでは米国合衆国のESTAとカナダ政府が発行している電子渡航認証(eTA)の両方を取得する必要がございます。

ただし、エスタ(ESTA)は査証免除者を対象としていますから、既に留学や就労の米国査証をお持ちの方は、
ESTAを取得していれば米国ビザの申請の必要はありません。

ESTA SKYLINEはお客様の要請でESTA申請を代りに進行するようになります。

ESTA SKYLINEを通じて申請書の作成を終わらせれば当社のデータ確認システムによってお客様のESTA承認ための、申請書が提出されます。

ESTA SKYLINEでは、代行手数料6.804円(税込、米国CBP認証費用14ドル含む)の発生のみで、
1、面倒なESTA申請をお客様に代わり代行致します。
2、受付時間は24時間年中無休です。
3、サポートメール、申請結果メールは 平日休日問わずお送りします。
ご質問は原則48時間以内、申請結果の回答は原則72時間以内にご返答いたします。
5、初めて渡航される方など、ご不安なことなどございましたらメールでご質問にお答えいたします。
ビザ免除プログラム(VWP)とESTAに特化されたサービスを提供します。

ESTA SKYLINEはビザ免除プログラム(VWP)の制度の下でアメリカ旅行を計画中の旅行客たちのESTA申し込みを手伝うため、
より簡便な手続きと徹底的な管理サービスを提供しています。